読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽に生きる

楽に生きることを目標にしています

ブログの方向性って大事

なんか自分のブログを見てみると書いていることに統一感がないな~って思ってしまいます。

いろんなことを書いていて、まとまり感が感じられません。

 

たぶん、僕のブログは雑記ブログという風になるんですけど、やっぱり、方向性がきちんとしているブログっピンポイントで読者を狙っているというか、その人のブログのコンセプトを目的に見に来ている人が集まってくると思うんですよね。

 

この人のブログはこういう事を中心に専門的に書いているという風に読者の方に期待というか、需要を満たす記事を書くことで支持を集めるというのが1つのブログの書き方であり、専門的で質の高い記事を書くことで、読者の獲得を狙うことが出来ます。

 

でも、方向性を決めると書ける記事の幅というか、多様な記事を書きにくいといいう欠点がありまして、記事のネタに困ることがあります。

 

その一方で、雑記ブログというのは特に専門性のあるブログではなく、幅広い内容を書くことが出来るのですが、いろいろな内容の記事を書いていて、何というか、尖ったものがないという感じがあります。

 

雑記ブログの場合は、ブログを運営している人の個性が重要になっている場合が多いですね。

この人の記事が何となく好きだとか、この人の生き方は面白いっていう理由で読者を引きつけるのが雑記ブログのやり方だと僕は思っています。

 

専門的なブログなら専門的な内容で読者を獲得しますし、雑記ブログなら自分の個性を出してファンになってくれる読者を獲得するという大まかに2つのパターンがあります。

 

専門的なブログなら、それを目的にして来てくれる人がいるので、比較的早く読者を獲得することができると思いますが、雑記ブログの場合だと、ファンになってくれる読者を獲得するのには時間がかかります。

 

僕の場合、雑記ブログなんだけど個性がいまひとつという感じがします。

ブログに来てもらうには自分の個性を出して、興味を持ってもらえるようにしないと読者になってはもらえないと思います。

雑記ブログの場合は読んでくれる人がファンになってくれて、そのブログの個性を目的に来ているので、毎日のペースで記事を書いた方が良いと僕は思っています。

 

専門性のあるブログは、専門性を求められているので、それほど早いペースで書くことは求められていないと思います。

 

 

まとめ

専門的な内容のブログは専門性を重視して書けば、OK。

雑記ブログはファンになってくれる人を獲得するためには、個性を出して、毎日ブログを書こう。