読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽に生きる

楽に生きることを目標にしています

レールの上を進んでも良いじゃないか!

今、炎上?バズってる?どっちなのかわからないけど、話題になっている彼のことについて書きましょう。

www.ishidanohanashi.com

記事の内容はこうだ。

・いままで何も考えずにただただ生きてきた

・でもこのまま「普通の人生」は嫌だ

・大学やめて、起業するんだ!!!

 

なるほど、良いんじゃないですか?

自分のやりたいようにやったほうが良いと思いますよ。

 

でも、今のまま起業するってとても難しいと僕は思います。

 

起業するって言ったって、何もなくない?

何かスキルがあるわけではないし、コネがあるわけでもない。

これでどうやってやっていくのか僕にはわからない。

 

起業するって何かアイデアがあったり、勝算があるからするんじゃないかと僕は思います。

何もないのに思い立ったから起業するって無茶なことだよ。

 

まずは会社に入ってそこで仕事のスキルを身につけて、それを武器に起業したり、仕事の経験を活かして起業するのが一般的なんじゃないかと思う。

 

僕が言いたいのは「普通の人生」というレールの上を進むことだって良いじゃないかということ。

 

彼の気持ちもわかる。

このままではつまらない人生だから変わりたいという若さ溢れるパワー。

でも、すごいパワーだとは感じない。

記事から読み取れる今までの生き方からすると、普通に決まったレールの上を進んだ方が良いんではないかと僕は思う。

 

彼の言う「レールに沿って生きる」というのは良い大学に入って、良い会社に就職することだと僕は認識しているのですが、それは別につまらない道だとは思いません。

 

僕は王道だと思います!

 

現在、終身雇用が崩壊していると言われていますが、それでも、良い大学に入って良い会社に就職することはまだ王道であると思います。

 

なので、彼のように起業するやフリーランスで生きていくというのはまず置いといて、考えてもらいたい。

起業したり、フリーランスで生きていくのは就職してからでもできます。

 

王道を捨てて奇策に走るのは愚策であると僕は思う。

 

イケダハヤトさんに言わせてみれば、僕は時代遅れな考えしかできないアホだと思いますが、多くの人にとっては会社に就職して働くことが安心だし、わかりやすい生き方です。

 

レールの上はつまんないかも知れないけど王道です。

 

レールの上を進みたくても進めない人もたくさんいます。

レールの上を進むことをつまんないと決めつけることはどうかと思います。